ロングジレとは
袖が無いジャケット・コート
冬のコートを脱いで、まだ寒い時に実用的に使う袖なしジャケットは
素材で季節感を調整したいですね

このくらいだと、日本なら春の初め
2,3,4月くらいまで行けそうな
ジャケットの素材がもっと軽くなれば6月でも使えそうな色使いですよね

PLAIN PEOPLE バックサテンジョーゼットジレ

シンプルなスタイリングに合わせるだけで、一気にファッションコンシャスなスタイルが完成するジレ。テイストを選ばず着まわせるから、ワードローブで大活躍してくれそう。シンプルなトップスに羽織るのはもちろん、同素材のパンツと合わせるハンサムスタイリングもおすすめ。

しなやかな生地感が魅力のサテンジョーゼットジレ
Color:ベージュ

バックサテンジョーゼットジレ

ブラックジレコーデ

黒のロングジレは、縦ラインの強調に使えますね
ノースリーブでは追ってもかっこいい

  • 【BEIGE,】
  • 【ur’s】

allureville オックスダブルブレストジレ

テーラードカラーで上品に仕上げたジレ。後ろウエストのベルトがポイントに。シンプルで合わせるものを選ばない着まわし力抜群のアイテム。キレイめスタイルにはもちろん、秋のアウターとしてラフに着こなすのも◎。色々なアイテムとのレイヤードスタイルに大活躍してくれそう。

レイヤードスタイルに◎なテーラードカラージレ
Color:ブラック

オックスダブルブレストジレ

MAISON SPECIAL ハイカウントオーバージレ

高密度に織りあげたウール100%のシャンブレー生地を使用。 動きによって色合いが変化する表情豊かな生地感が魅力です。

-Style- ポンチョのようにバサッと羽織れるオーバーサイズの存在感抜群の1着。 サイドは大胆なオープンスタイルで、脇下のベルトで袖口の調節が可能。 ライトアウターの上からも羽織れるサイズ感なので秋口から冬場までロングシーズンの着用が楽しめます。

ハイカウントオーバージレ
Color:BLK(ブラック)

ハイカウントオーバージレ

Rawtus フリンジショールショートジレ

たっぷりのフリンジをあしらい、ワンカラーながらも華やかな印象を与えるショートジレ。ショールを羽織ったかのようなラフなデザインが新鮮で、コーディネートの仕上げに一点投入すればぐっとシーズンムードを高めてくれる。カシミヤ100%のしっとりなめらかな肌触りがグッド。タウンからオフィスでの防寒まで様々なシーンで大活躍。

さっと羽織れてクールに決まるショール風ジレ
Color:ブラック

フリンジショールショートジレ

ネイビーブルのジレ

ネイビーはマリン風に着こなせるので、ボーダー柄が好きならネイビー持っておくと便利そうですよね

【ANAYI】

ANAYI カルゼリバーボタンレスジレ

ポリエステルレーヨンを使用したカルゼリバー素材のジレは、非ウールなので秋の羽織りにお勧めなアウター。リバー仕立てで軽い仕上がりのジレは、ニットやシャツ、ワンピースなど幅広いアイテムにさらっと羽織るだけで◎。バックには、ベルトとメタル釦がアクセント。 ・留め具無し 付属:なし 裏地:なし 透け感:なし 伸縮性:なし


  • ANAYI
  • ANAYI プルオーバー

リバー仕立ての軽い仕上がり
Color:ネイビー

カルゼリバーボタンレスジレ

グレーのジレコーデ

白シャツの上にはおるだけでもかっこよさそうですし、少しトーンの異なるグレーでグラデーションな着こなしをするのもかっこいいですね
黒よりもカラーコーディネートで色遊びができそう

【INDIVI】

黒や白よりも素材感がわかりやすいので、季節感も出しやすそうです

  • JOURNAL STANDARD
  • TOMORROWLAND

Whim Gazette FURロングジレ

フェイクファーを贅沢に使用した存在感たっぷりのロングジレ。フランスでリアルファーを長年扱っていたSARFATI社が設立したEcopel社の、ポリエステル100%のフェイクファーを使用。リアルファーに比べお手入れも簡単で、マイクロファイバーによるふわふわのタッチと本格的な手触りは、本物を知るメーカーならではの上質感。リアルファーに引けを取らない仕上がりが魅力の一着は、高めのウエスト位置に切り替えを入れることでスタイルアップ効果も抜群。コーディネートしやすいブラウニッシュな濃いめのグレーカラーが上品で、大人の女性におすすめしたいアイテム。コーディネイトに一点投入するだけで、ぐっと印象を華やかに格上げしてくれる一着。 透け感:なし 裏地:あり 伸縮性:なし 光沢感:なし

コーディネートを華やかに格上げする、リッチなフェイクファージレ
Color:グレー

FURロングジレ

21秋冬のジレ特集

長さはいろいろありますが、ジレというからにはお尻のところくらいまではあってほしいですね
それより短いなら「ベスト」と呼ぶ、暗黙の了解的なイメージ

ROSE BUD シングルジレ

合わせるインナーで様々な雰囲気を楽しめるシングルジレ。ロンTやブラウス、ワンピースにも重ねられるので飽きのこない1枚。袖なしなので残暑でも暑すぎることなく、1点投入で秋ムードを楽しめそう。

まだ暑い時季から秋のムードを楽しめるロングジレ

シングルジレ

1er Arrondissement グレンチェックロングジレ

これからの季節にぴったりな、グレンチェック柄のロングジレがお目見え。シックなトーンの色合いで、マニッシュな印象で着られるのが◎。ボタンレスだからそのままラフに羽織っても、付属ベルトできちんと感を出しても使えるのが嬉しいポイント。同素材のトラウザーと合わせて、ワンランク上のセットアップスタイルで着こなしてみて。

プラスワンしたい、洗練ロングジレ

グレンチェックロングジレ

BORDERS at BALCONY ダブルブレストジレ

すっきりしたストレートラインが大人のかっこよさを引き立てるダブルブレストジレ。前後にスリットを入れることで、着る女性のエレガンスでしなやかな動きを演出。シンプルな中にきらきら輝くボタンが上品なアクセント。パンツや細身のカットソー合わせでハンサムにまとめて。

1点投入で大人のかっこよさを演出

ダブルブレストジレ

Ezick カルゼダブルオーバージレ

夏の装いに羽織るだけで秋のムードが演出できる、引き締めアイテムにぴったりのオーバージレ。ハンサムなピークドラペルで肩もやや広めのトレンド感のあるサイジング。 ◆STYLINGポイント◆ カジュアルにTシャツ合わせや、きれいめにブラウスなどでガラッと雰囲気を変えて楽しんで頂けるアイテム。オーバーサイズなので、インナーを変えながら長く使える1着。 ◆FABRICポイント◆ タテ糸ヨコ糸が配色で織られ、奥深い表情が高級感のあるカルゼ素材。しっかりとした肉感とハリ感で、季節を感じる素材。

秋のムードが演出できるトレンドアイテム

カルゼダブルオーバージレ

HOUSE OF LOTUS ロングジレ

ロングカーディガン感覚で取り入れられるコットン100%素材のロングジレ

【HOUSE OF LOTUS】

羽織るだけで着こなしの印象を変えられるロングジレがお目見え。ラフなコットン素材でカジュアルな印象ながら、ストンと落ちるIラインシルエットとすっきり開いたVネックがモード感を演出。カットソーやパンツとレイヤードした辛口スタイルがおすすめ。

カジュアルとモード感を兼ね備えたジレ

ウォッシュドコットンロングジレ

LE PHIL ライトリバージレ

オリジナルで作成したライトリバーを使用。ゆったりとしたオーバーサイズのジレなので、軽く羽織るだけでリュクスなムードが漂いそう。付属のフェイクレザーのベルトでフォルムを変化させたりと着用アレンジが可能。着た時の驚くほどの軽さと着心地の良さを追求した素材感。ナイロン、ポリエステルを入れることで肉感がありながらも軽く、しっとりとした風合いに。

ライトリバーを使用したノーカラーのロングジレ

ライトリバージレ

MAISON SPECIAL ボックスシルエットジレ

ゆったりとしたボックスシルエットでこなれ感たっぷりに仕上げたジレ。テーラードカラーがきちんと感を、肩パッド入りのパワーショルダーがスタイルアップ効果を演出。シンプルなデザインで合わせるものを選ばないのもポイント。お揃いのパンツとのセットアップもおすすめ。肩パッドが取り外しできるのも◎。

ボックスシルエットジレ
キレイめスタイルに◎な上品ジレ

ボックスシルエットジレ

PLAIN PEOPLE ボアロングジレ

モコモコとしたボア素材でシーズンムードたっぷりに仕上げロングジレ。存在感あふれるジレは、いつものスタイルに一点投入するだけで、おしゃれ感漂う着こなしに。ワンピースやスカートなどのレディな装いにはもちろん、デニムなどカジュアルな着こなしにも◎。デイリーユースに大活躍してくれそう。

ボアロングジレ
秋冬スタイルにぴったりなボアロングジレ

ボアロングジレ

PLAIN PEOPLE ウールリバーロングジレ

普段の着こなしにさらりと加えて上級者に装いたいロングジレ。ウールリバーの軽やかで暖かな着心地がこれからの時期にちょうどよい。シンプルなストレートシルエットに、大きめポケットとウエストリボンが今年らしさを投入。パンツでクールに決めたり、モードなワンピースと合わせるのがおすすめ。

洗練された大人っぽさを纏うジレ

ウールリバーロングジレ