通販サイトまとめ

たくさんある通販サイトはどこが信用できるか、どのくらいのクラスなのか、サイトのデザインだけで判断するのは難しいですよね。サイト(会社)のバックがどういう所なのかを含めて海外人気通販サイトをまとめてみました。

LUISAVIAROMA @イタリア

なんと!1930年からイタリアでスタートした高級ブランドを取り扱う老舗モール。
600以上のデザイナーを取り扱いです。
例:Dior Homme, Dsquared2, Dolce&Gabbana, Louboutin, Lanvin, Moncler, Marc Jacobs, Chloé などなど.
ここはELIE SAABのドレスも普通に置いてあるから怖いwいや、すごい
人気ブランドの冬物が6月くらいに予約できたりするので、やはりイタリア最強説を見せつけられる感じです。他国のショップだと早くても9月くらいですから。(夏物は12月くらいから予約できる)
お洒落に敏感な人はイタリアサイトをチェックです。
高級ブランドはだいたい揃っていますが、関税込なので、海外通販の第一ハードル「革製品」が買いやすい

LUISAVIAROMAは送料無料・輸入関税手数料込み

  • VALENTINOBag
  • MAISON MARGIELACoat
  • ROCHASDress
  • SAINT LAURENTPumps

2017年10月4日付で日本語サイトが誕生しました♪

LUISAVIAROMA 日本語サイトはこちらから

LUISAVIAROMAについて

STYLEBOPのセール!

高級ブランドが豊富なSTYLEBOP

ここは同じワンピースでもオフィス系・パーティー系・フォーマル系とジャンルごとに探せるので便利🐥
もちろん普段着も

  • Salvatore Ferragamo Leather Shoulder BagSalvatore Ferragamo
  • Golden Goose Deluxe Brand Distressed Merino Wool Turtleneck PulloverGolden Goose Deluxe Brand
  • Brunello Cucinelli Straight Leg JeansBrunello Cucinelli

STYLEBOPについて
世界的なショップなので競争率高し!

MyTheresa @ドイツ

2006年にスタートしたドイツの会社
最初は小さいオンラインセレクトショップだったみたいですが、現在は従業員300人以上、120以上の国から注文がある大きな会社に成長したみたいです。
【基本注文を受けてから72時間以内配送】
MyTheresaはアメリカの老舗デパートNeiman Marcusと同系列のようです
Neiman Marcusは落ち着いた高級デパートで、このクラスのデパートは、Louis Vuittonとか、棚ににポンと置いてあるんですよ。それはそれは自由に触れるからビックリするw

MyTheresa通販での取り扱いはやはり高級ブランド系強しGUCCIもあります。

  • Micro Box leopard-printed shoulder bagPrada
  • Fur jacketYves Salomon – Meteo
  • Cr�pe trousersChloé

関税は込ですが、送料は必要(時々無料キャンペーン有り)

Free People @アメリカ

ここはアメリカUrban Outfitterという、人気のカジュアルショップがあるんですが、そこが扱っています。
服の見せ方がうまく、見ていると全部欲しくなるので危険(笑)
日本はちょっと見習ってほしい位。通販サイトの鏡。

  • Starry Night Maxi Dress by Free People
  • Fluffy Crew Sweater by Free People
  • Post Surf Set by FP Beach at Free People

Farfetch 世界中のセレクトショップ

システム的には楽天の世界版みたいなサイト。
小さいショップが集まったショッピングモールのネット版のような感じです。
が、取扱い品に高級ブランドが多く、サイトもすっきりで見やすい☆目の保養になります♪こんなプチプラアイムもあるからこまめにチェック

  • Stella McCartney
  • Tod’s
  • Marc Jacobs

Farfetchについて
Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP

コスメ個人輸入

化粧品は、成分とか認可が違うので、海外で使っててよかったけど、日本で売ってない!とか、そういう人向けだとは思いますが、日本の製品も取り扱いある香港の問屋COSME-DE.comは、顧客の8割は米国らしい
日本といえばSK-2!大人気ですよね
[33% OFF] SK-ll Signs Eye Mask is NOW ON SALE! SHOP NOW!


プチプラのCICIHOT

ヘビロテで使えるものというよりは、ちょっと遊び心、たまには使ってみたいくらいのアイテムがあるお店
例えば、日本では着れないけど、海外のリゾートで着る水着とか。
海に行くときだけ被りたいストローハットとか。
アメリカなら今が水着・リゾート系が安く大量に出回る時期です☆(スプリング ブレイク関係)
服は着れる服を探す方が大変。


そんなCICI HOTからクーポンコートが出ました☆
レギュラー価格から45%OFFになるクーポンはこちら:CC45



こちらもチェック→ CICI HOTのクーポンコードを適用してみたら

海外での買い物

海外通販というか、外国企業相手に買い物するとき、海外在住経験者ならわかるかと思うんですが、海外の買い物って適当(ややおおざっぱ)なので、日本のきめ細かなサービスを基準にするとストレスがたまると思います。

よく聞く日本人のクレームブランドの箱がへこんでいるとかで交換してほしい!みたいな勢いの人を見かけるんですが、箱は商品を守るためにあるものなので、箱に傷がついていけないなら、箱に箱がいるじゃないかと。商品に傷があってはいけないけど、箱?ってなりますよ。そのあたりの文化を慣らしてからチャレンジした方がいいと思います。

交換ではなく返品→再注文が流れ

返品交換文化みたいなのもあまりなくて、気に入らなければ返品。とりあえず返品&返金!って感じです。ざっくりうと、Amazonとかもそうですよね。規模と効率を考えればそれが一番確実なわけで。
特に対面販売ではない通販は注文数も半端ないですし、プログラム処理しているので、そういうイレギュラーなことを盛り込むと面倒くさいし工数も増えるので、基本は

購入→返品→返金→(一回売買契約が切れる)→再注文
と思っておいた方がいいです。